薬の豆知識

医薬分業とは?

「医薬分業」とは、医療先進国の例に習って、病院(診療所)での診療と調剤薬局でのお薬の受け渡しを分離させるシステムを意味します。90年代後半まで、お薬の受け渡しは病院(診療所)で行われていましたが、近年は、病院の医師による処方ミスや薬の副作用を防止し、複数の薬の飲み合わせの相互作用を監視するため、薬の専門家である薬剤師が責任を持って、お薬を提供するシステムに変わっています。

すべての病院の処方せんをお受けします

当調剤薬局は、全国すべての病院、医院、クリニック及び診療所の処方せんによる調剤をお受けします。

お薬の説明書(薬剤情報提供書)

当調剤薬局では調剤したお薬と一緒に、薬の写真・名前・用法・用量・効能が載った、「お薬の説明書(薬剤情報提供書)」をお渡ししています。

薬歴とは?

調剤薬局にある「薬歴」は、病院に例えると「カルテ」にあたります。この「薬歴」には、患者様一人一人の、過去に処方・調剤されたお薬、今までに副作用が出たお薬、アレルギーなどの体質等、お薬を使う際に注意すべきことが記録されています。薬剤師は「薬歴」を見ながら、薬の飲み合わせに問題はないか、重複はないかなどを確認し、お薬をお渡ししています。

かかりつけ薬局とは?

当調剤薬局が目指している「かかりつけ薬局」とは、お薬のよき相談相手として、皆様の健康状態や症状を十分に踏まえて薬歴管理を行う薬局のことを意味します。病院・医院・歯医者さんなどから処方されたお薬、また他の薬局で購入したお薬の飲み合わせのチェック、アレルギーの心配などの相談、助言もいたします。 当調剤薬局は、常に「かかりつけ薬局」としてのサービスを心掛けています。

お薬の服用について

Q1. 食事が不規則で1日3回食べられないのですが、薬は3回飲まないといけませんか?

1日3回飲むくすりは、食事をしてなくても3回飲んでください。食後に服用と薬袋に書いてあったため,食事をしなかったので薬を飲まなかったというのは間違いです。糖尿病など食事で血糖が上がるのを調節する薬などを除いて、ほとんどの薬は食事をしなくても服用することが大切です。食事や生活のパターンが不規則な方は、お薬を受取る際、調剤薬局窓口の薬剤師にご相談ください。

Q2. 薬を水以外で飲んでもよいのですか?

薬と相性の悪い飲み物もありますので、水または湯冷ましで飲むのが原則です。また最近はお茶で飲んでも問題ないとされています。

お酒 アルコールは、多くの薬と相互作用を起こしやすい飲み物です。一般的には薬の肝臓での代謝が抑制され、薬の効き目が強くなることがあります。睡眠薬や血糖降下剤は特に注意が必要です。
牛乳 ニューキノロン系の抗菌剤やテトラサイクリン系の抗生物質は牛乳に含まれるカルシウムと結合して、吸収されにくくなります。薬の効き目が弱くなります。
コーヒー・ドリンク剤 これらの飲み物はカフェインを含んでいます。市販の総合感冒薬などにもカフェインが含まれており、飲み物と薬のカフェインが重なって頭痛やいらいらがでることがあります。
グレープフルーツジュース グレープフルーツに含まれる成分が酵素の働きを阻害します。その結果、高血圧や狭心症の薬である一部のカルシウム拮抗剤では薬の効き目が強くなることがあります。

ライム薬局へのお問い合わせ

ライム薬局 本店(芝浦)

【電話】03-5730-2230 
【営業時間】平日 9:00-18:30 
土曜 9:00-13:00 
【定休日】日曜・祝日

ライム薬局 ららテラス武蔵小杉店

【電話】044-982-9681 
【営業時間】月・火・木・金 9:00-20:00 
水・土 9:00-18:30 
日・祝 9:00-17:00

メールはこちら